マカフィーからスーパーセキュリティゼロに変えた理由

2014年4月、通販大手のジャパネットたかたより、富士通ライフブックFMVA40Mを8万円ほどで購入。osはウインドウズ8.1、購入時にはすでにマカフィーのセキュリティーが起動しており、何の不安も無く使用しておりました。

写真や文書の保存用に購入したのですが、ときおり投稿とかもしておりましたので、通信網の保全と充実は欠かせないものでした。

けれども三か月に満たない頃に、更新のメッセージを受信するようになり、何とか更新料金の発生しないセキュリティソフトは無いものかと、街のパソコン工房の店の棚で見つけたのが、ソースネクスト社のスーパーセキュリティゼロでした。

8000円くらい支払ったような気がします。更新料0円というのが最大の魅力でした。

マカフィーをアンインストールし、スーパーセキュリティゼロをインストールするぎりぎりまで、悩みに悩んだのですが、今ではよくぞあの時決断したと、自らを誉めたくなるほどに満足しています。

パソコンの起動に対しても、何ら支障なく速やかで、常時セキュリティシステムが働いているようです。

最近購入したKINGMAX社のUSBメモリーに対して、ウイルス検出しましたと、表示するのですが、これに関しては、そのメモリーに起因となって何かを呼び込むものが内在しているのか、他の理由があるのかわかりません。

けれどもセキュリティシステムが休むことなく、しっかり働いていることを実感する次第です。今の時点では、ソースネクスト社からの丁寧な情報提供も含め、大変満足しております。

今後、osが8.1から変わった時に、また同じようなセキュリティソフトがあるのかは心配しております。

更新料無しで、永遠に使用できるセキュリティソフトが出来ると、そんな素晴らしいことは無いのですが。

No1ウイルス対策ソフト、セキュリティソフト

ウイルス検知の方法が他ソフトと異なるので、未知のPCウイルスも防いでくれる 「 ESET
デジカメ、プリンターで有名な【キャノン(Canon)】が販売元になっているウイルス対策ソフト。

判らないことは、メールでも電話でもサポートがあるので、安心して利用できます。

マカフィーからスーパーセキュリティゼロに変えた理由 はコメントを受け付けていません。