きちんと使えば便利な無料ウイルス対策ソフトの落とし穴に注意

ウイルス対策ソフトというと有名なのはウイルスバスター等ですが、有料のソフト以外に無料のソフトも多数存在しています。

無料のウイルス対策ソフトではavastやAVG等があります。

これらの有料と無料のソフトが存在していますが、その性能について違いがあります。

まず第一に無料のソフトは機能が制限されている場合が多いということです。無料で一部の機能を提供して、制限のない高性能な製品を購入してもらうといった流れを想定している場合があります。

当然ながら機能が制限されていないソフトの方がウイルス対策がしっかりしていると言えます。

また、無料のソフトの中には機能制限を行わない代わりに広告を表示することによって資金を回収しているものもあります。

この場合は機能面で有料ソフトに劣る事はありませんが、単純に広告が表示されますので少し使い勝手が悪くなります。

そして有料のソフトと無料のソフトの一番大きな違いといえばサポートの有無です。

基本的に無料のソフトではサポートを受け付けていません。何か起きてしまった場合に自己責任で解決する必要があります。

有料のソフトを利用している場合は電話サポート等を受ける事ができるため安心感があります。

サポートを受けられず自己責任であるという点が、無料ウイルス対策ソフトを利用するうえで大きなデメリットであると言えます。

ウイルス対策やパソコンについての知識が豊富である場合を除いて、基本的には有料のソフトを利用した方が安心できます。

これから有料のウイルス対策ソフトへ乗り換えを考えている場合は、一番信頼性の高いesetや、カペルスキーなどをオススメします。

電話サポートを平日休日問わず受け付けていますのでとても安心感が得られます。

No1ウイルス対策ソフト、セキュリティソフト

ウイルス検知の方法が他ソフトと異なるので、未知のPCウイルスも防いでくれる 「 ESET
デジカメ、プリンターで有名な【キャノン(Canon)】が販売元になっているウイルス対策ソフト。

判らないことは、メールでも電話でもサポートがあるので、安心して利用できます。

コメントは受け付けていません。