無料体験版が豊富なAvira Antivirus

公開日:2015/04/04 10:42:06

Avira製品の無料体験版ダウンロードやご購入はこちらから。他のソフトで見つからなかったウイルスを検出してみせます!女性にも、初心者にもあんしん設計。

Avira Antivirusとは、Avira GmbHというドイツの会社のアンチウィルスソフトです。

アンチウイルスソフトの優劣を判断する材料としてイギリスのVirus Bulletinが行っているのウイルス検出テストがありますが、Avira Antivirusは、そのテストで優秀な結果を出したソフトに送られる「Virus Bulletin VB100 award」を、何度も受賞しています。

Windows向けには「Avira Free Antivirus」「Avira Antivirus Pro」「Avira Internet Security Suite」の3種類があります。

これ以外に、英語版にはドライバーアップデート機能を追加した「Ultimate Protection Suite」もあるのですが、現在、日本語サイト(www.avira-japan.jp)では取り扱っていません。

Avira Antivirusは、多くの端末で利用可能です。以前はLinux版も提供されていましたが、現在は開発中止となっています。

Avira Antivirusの製品ラインナップは、各デバイスごとに次のようになっています。

それぞれの違いですが、「Free」は基本的な「ウィルス・マルウェア」などの検出と対策機能を持ち、「セキュリティアップデートが6時間ごと」という制限があります。

この「Free」に「Webブラウズ中の高度なセキュリティ」を追加したものが「Pro」で、その他にも「セキュリティアップデートが2時間ごと」に短縮され、テクニカルサポートも含まれています。

これに「PCのパフォーマンス改善機能」が追加された最上位版が「Security Suite」となります。

機能制限の多い「Free」は無料で利用することができますが、「Pro」と「Security Suite」は「PC1台または3台」と「1年または3年」を組み合わせた年額制になっています。

最安値となるのは「Pro」の「PC1台を1年」の3400円、最高値となるのは「Security Suite」の「PC3台を3年」の15600円となります。

Aviraの特徴は、非常にウィルス検出力が高いことで、多くの評価機関でのテストで高い評価を得ています。

そうした基本性能の高さに対し、Avira独自の機能というものは特に見られません。アンチウィルスという目的に特化した製品と言えます。

ここまではWindows版について述べてきましたが、それ以外にも、Mac用の「Avira Free Mac Security」とAndroid用「Avira Antivirus Security」、iPhoneやiPadで使える「Avira Mobile Security」も存在します。

検出能力の高さは魅力的ですが、日本での知名度の低さや独自機能が無い点は若干気になる所です。

コメントは受け付けていません。