GDATAはプロアクティブテクノロジーで多角的に情報を保護します。

公開日:2014/12/23 00:40:08

GDATAとは、2000年創業の株式会社ジャングルが制作したアンチウイルスソフトです。

ウイルスやハッキングの脅威からお使いのパソコンやスマホの情報をしっかり保護するアンチウイルスとして機能するよう、プロアクティブテクノロジーを生かして制作されました。

製品ラインアップとしては有効期間一年間三台まで利用できるプランと、三年間三台の2種類が用意されています。

料金ですが一年間有効三台が3700円、三年間有効三台が6400円という設定になっています。

料金に関しては会員割引があり、会員として登録を行うと割引料金が適用されます。標準的なアンチウイルスには、インターネットセキュリティ、トータルプロテクション、モバイルセキュリティなどのプランが設定されています。

GDATAのアンチウイルス対策ソフトのいちばんの特徴は、ウイルスやスパイウェアなどの既知の脅威だけでなく、すでにインストロール済みのアプリに潜む脆弱性に的を絞って仕掛けられる攻撃や、キーボードを通して入力した情報から情報を拾いだそうとする攻撃に対する防御も考えられていることです。

未知のウイルスに対しても備えが万全ですので、お使いのパソコンやスマホをあらゆる角度から保護してくれるソフトといえます。

利用できる環境としては、OSはWindows 8.1 / 8 / 7 / 及びVista(32bit/64bit)、メモリは1GB以上、インターネットアプリはInternetExplorer8以上となっています。

利用をする前に気になる点として挙げられるのは、実際の検出率がどの程度高いのかということや、これまでの利用者数やダウンロード数などの客観的な実績を把握しておきたいということです。

コメントは受け付けていません。